<2017/6/4 文章を一部修正しました>

京葉線は東京から内房線・外房線へ直通する特急電車が走行しているが、2017年2月現在、海浜幕張~千葉みなと間の駅利用者が都心部へ通勤するときの快適サービスがない。海浜幕張に停車する特急も一部あるが、通勤時間帯通勤方向に限り停車しない。そのため、これらの駅へ帰宅する時の通勤ライナー、そして蘇我駅への快適通勤サービスのさらなる強化を考えた。

導入初期段階として、特急型車両を使用するケースを考えた。それでは紹介とする。

 

<1>概要(平日)

(運行区間) 東京・蘇我間

(車両)    特急型車両9両編成(255系・普通車8両グリーン車1両)

        または、特急型車両10両編成(E257系・普通車のみ)

(本数)    東京発17:15~23:45まで、30分間隔で14本。

(乗車駅)  東京・八丁堀・新木場

(降車駅)  海浜幕張・検見川浜・稲毛海岸・千葉みなと・蘇我

(料金)    普通車400円(ICカードでは390円)、グリーン車は770円(255系のみ)。

 

<2>詳細

(発券方法) 普通車は指定席方式。座席位置は自動的に振り分ける。グリーン車も指定席方式とする。

(検札方法) 車内にて未発売の座席・デッキで立っている人への検札を行う警備員も配置して検札車掌のすぐ後ろで見守る。本来ライナー券がないと乗車できないのであるが、もしライナー券を持たずに乗車していた場合は300円の割増料金を徴収して座席の保証は無い。

(運用本数) 4編成

(その他) 海浜幕張~千葉みなと間では乗車できない。

(その他) 八丁堀・新木場では一定の車両のみで乗車取り扱いをする。なお、新木場はホームが非常に混雑するため、ホームを最大限延伸させて(15両分)ライナー専用の待つエリアをつくる。

(ダイヤ例) 東京18:15発、八丁堀18:18発、新木場18:26発、

       海浜幕張18:47着、検見川浜18:50、稲毛海岸18:52、千葉みなと18:56、蘇我18:59着。

 

<3>ライナー投入効果

東京発17:15~23:45までと幅広い時間帯であり、かつ30分間隔運転としており、利用しやすい。また普通車は400円と自由席特急料金より低料金のため、多くの乗客が利用しやすくなる。

・14本で7896席(255系の場合・グリーン車含む)あるいは8568席(E257系の場合)の大量快適輸送が実現する。なお、特急は蘇我までの自由席料金は510円(2017年2月現在)である。

 

<4>解説

(専用車両でない) 京葉線は現在10両編成対応である。そして特急は車両連結数が9~10両ある。そのため、現在の特急車両の活用でライナーの運転とした。特急車両が充分長い車両を連結していれば、ライナー専用車両を製造するコストがかからない。ただし、将来的にはさらなる充実をしたい。<5>を見てほしい。

(グリーン車) 255系にはグリーン車が連結されている。4列シートであるがシートピッチは普通車970ミリに対して1160ミリと広い。より快適に帰宅したいという利用者のニーズに応えることができる。本来、ライナーにも普通車とグリーン車と選択できる方式なのが良い。ただしE257系で運用する場合は普通車のみなので選択できない。

(運用区間) 蘇我までとした。一般電車をもう少し蘇我以南へ乗り入れして、一般電車利用者への利便性を高めるためである。

(乗車駅) より多くの通勤客に広げるため、八丁堀と新木場でも乗車取り扱いできるように考えた。なお、新木場駅ではホームが混雑するため、ホームを15両へ延ばして、ライナー専用の待合場所を設置するのである。新木場駅ではライナー専用ホームに停車する号車へ座席を優先的に振り分ける。

(降車駅) 海浜幕張~千葉みなとまでの利用者への利便性を図り、全駅停車とした。

(運行本数)東海道本線は20分間隔で提案しているが京葉線が30分間隔とした理由は、京葉線は特急電車「わかしお」「さざなみ」も間に挟むからである。さらに一般電車の本数も維持しなくてはならないため、バランスを考えると30分間隔とならざるを得ないのである。

 

 

<5>将来的にはライナー専用車両の投入を

・ライナーを特急型車両で投入して乗車率が良い結果を得た場合は、より多くの乗客が利用できるように12両編成などの長編成の専用ライナーにするのがよい。京葉線は利用者が増えているため可能性は十分にある。京葉線は全線において15両まで延伸可能な造りにしてあるため可能である。次回は、将来的なライナー専用車両投入案を紹介する。

 

(更新日 2017年2月22日、2017年6月4日)