<2017/6/4 文章を一部修正しました>

常磐快速線は、輸送量の大きい路線である。ここへの大量快適輸送案を提案する。

 

<1>概要(平日)

(運行区間)上野・取手間

(車両)   ライナー専用車両15両編成(うちグリーン車2両)

(運行時間)上野発17:15~23:45まで

(本数)   30分間隔で合計14本

(乗車駅) 上野

(降車駅) 柏・我孫子・取手

(料金)   普通車は300円(ICカードでは290円)

 

<2>詳細

(座席)   普通車は片側2扉デッキ無しの転換クロスシート。15両で合計1000席。グリーン車は平屋式リクライニングシートとする。

(発券方法) 普通車は指定席方式。座席位置はライナー自動券売機にて自動的に振り分ける。ライナー券売機の位置にもよるが原則各号車に均等に振り分ける。グリーン車は普通電車グリーン車と同様に自由席。

(検札方法) 普通車は上野駅にてドアを限定して入場時に検札を行う。2017年2月現在の方式と同じである。3か所のドアにて駅員が検札し警備員が見守る方式とする。東武TJライナーのようにバーコード読み取り式として人間の目よりも正確に判断する。

(運用本数) 4編成。

(グリーン料金) 普通電車グリーン車と同額(2017年1月現在、事前購入で平日50km未満770円)

(その他)  柏駅からは普通車はライナー券なしで乗車可能。

(ダイヤ例) 上野18:15発、柏18:41着、我孫子18:46着、取手18:52着

 

<3>ライナー投入効果

・上野発17:15~23:45までと幅広い時間帯であり、かつ30分間隔運転としており、利用しやすい。また普通車は300円と低料金のため、多くの乗客が利用しやすくなる。14本で14000席(グリーン車含む)の大量快適輸送が実現する。現在はグリーン車770円(平日・事前料金)または特急(2017年2月現在)のため、値下げとなっている。

 

<4>解説

(運用区間) 取手までとした。極力少ない編成数でライナー専用車両の回転数を多くするためである。

(運行本数) 常磐快速線は2017年2月現在、特急「ひたち」・「ときわ」の設定がある。原則「ひたち」は上野00分発、「ときわ」は上野30分発である。さらに一般電車の本数も確保する必要があるためライナー設定本数は1時間に2本とせざるを得なかった。

(東京駅で特急「ひたち」16:53発いわき行きに乗車する光景 2016年5月11日夕方撮影)

(料金設定) 転換クロスシート座席の通勤ライナーは気軽に利用してもらいたい。そのため300円とした。

(検札方法) 乗車取り扱い駅が上野駅と一つの駅のため、車内入場時検札とした。もし車内に検札係と警備員を配置した場合、その人たちはまた戻ってこなくてはならない手間がかかるからである。

(松戸の降車取り扱いは?) 松戸での降車が非常に多い。しかし普通電車でも上野から20分程度しかかからない近距離であるので通過とした。今後の利用状況を見て降車取り扱いを検討してもよい。

 (日暮里の乗車取り扱いが無いが?) 日暮里駅からの乗車は多く、本来であれば乗車取り扱いをしたいのである。しかし、ホーム上の混雑の問題より通過とした。今後の利用状況を見て乗車取り扱いを検討してもよい。ちなみに、朝上りの通勤ライナーでは停車させて利便性を確保する。

(日暮里駅ホーム 以下3枚は2016年5月11日撮影)

(日暮里駅で17:07発快速成田行きに乗車する光景)

(日暮里駅で17:07発快速成田行き発車直前の光景)

 

(更新日 2017年2月16日、2017年6月4日)