<2017/6/4 文章を一部修正しました>

総武快速線は、東京都心部と人口の多い船橋・津田沼地区や県都千葉駅、千葉以遠とを結んでいる輸送量の大きい路線である。ここへの大量快適輸送案を提案する。

 

<1>概要(平日)

(運行区間)東京・千葉間

(車両)   ライナー専用車両15両編成(うちグリーン車2両)

(運行時間)東京発17:15~23:45まで

(本数)   30分間隔で合計14本

(乗車駅) 東京

(降車駅) 船橋・津田沼・稲毛・千葉

(料金)   普通車300円(ICカードでは290円)

 

<2>詳細

(座席)   普通車は片側2扉デッキ無しの転換クロスシート。15両で合計1000席。グリーン車は平屋式リクライニングシートとする。

(発券方法) 普通車は指定席方式。座席位置はライナー自動券売機にて自動的に振り分ける。ライナー券売機の位置にもよるが原則各号車に均等に振り分ける。グリーン車は普通電車グリーン車と同様に自由席。

(検札方法) 普通車は東京駅にてドアを限定して入場時に検札を行う。2017年2月現在の方式と同じである。3か所のドアにて駅員が検札し警備員が見守る方式とする。東武TJライナーのようにバーコード読み取り式として人間の目よりも正確に判断する。

(運用本数) 4編成。(但し、夕方はキツイことになるが3編成でも可能)

(グリーン料金) 普通電車グリーン車と同額(2017年1月現在、事前購入で平日50km未満770円)

(その他)  船橋駅からは普通車はライナー券なしで乗車可能。

(その他)  新宿発の下りライナーについては、新宿21:15、22:15、23:15発を設ける。なお、20:15発は特急「あずさ」千葉行きとする。別途取り上げる予定。

(ダイヤ例) 東京18:15発、船橋18:38、津田沼18:43、稲毛18:50、千葉18:54着。

 

<3>ライナー投入効果

・東京発17:15~23:45までと幅広い時間帯であり、かつ30分間隔運転としており、利用しやすい。また普通車は300円と低料金のため、多くの乗客が利用しやすくなる。14本で14000席(グリーン車含む)の大量快適輸送が実現する。現在のライナー料金は510円(2017年1月現在)のため、値下げとなっている。

 

<4>解説

(運用区間) 千葉までとした。極力少ない編成数でライナー専用車両の回転数を多くするためである。

(運用区間) 東京発とした。品川発は一般快速に譲って、一般快速において品川・新橋利用者の利便性向上を考えた。

(運行本数) 総武快速線は特急が1時間に2本前後(成田エクスプレス・しおさい)走行している(2017年2月現在)。そのため、一般電車の本数も確保するためライナー設定本数は1時間に2本とせざるを得なかった。

(料金設定) 転換クロスシート座席の通勤ライナーであれば、圧倒的多くの通勤者に気軽に利用してもらえるような料金設定にしたい。そのため300円とした。

(検札方法) 現在もドアを限定して車内入場時に検札している方式である(2017年2月時点)。2か所のドアを開いて駅員がライナー券を検札しており警備員もセットで配置している。もし車内に検札係と警備員を配置した場合、その人たちはまた戻ってこなくてはならない。乗車駅が一か所の場合は、車内に乗車させるよりも車内入場時検札のほうが少ない人員で検札することが可能となるため車内入場時検札方式とした。

 

 

(更新日 2017年2月15日、2017年6月4日)