<2017/6/2 内容を一部修正しました>

東海道本線は輸送量が極めて大きく、しかも乗車距離が長い路線であり、快適通勤となる「通勤ライナー」が極めて有効な路線である。

より多くの乗客に利用できるチャンスのある夕方~深夜帯から公開する。「横浜通過案」と「横浜停車案」の2案のうち、「横浜通過案」から紹介する。

 

<1>概要(平日)

(運行区間)東京・平塚間

(車両)   ライナー専用車両15両編成(うちグリーン車2両)

(座席)   普通車は片側2扉転換クロスシート

(運行時間)東京発17:20~23:40まで

(本数)   20分間隔で合計20本

(乗車駅) 東京・品川

(降車駅) 戸塚・大船・藤沢・辻堂・茅ヶ崎・平塚

(料金)   普通車は400円(ICカードでは390円)

 

<2>詳細

(座席)   普通車は片側2扉デッキ無しの転換クロスシート。リクライニングはできない。グリーン車は平屋のリクライニングシートとする。現在の普通電車にある2階建て車両に比べて製造費を抑えるためである。15両で合計1000席。

(発券方法) 普通車は指定席方式。座席位置はライナー自動券売機にて自動的に振り分ける。ライナー券売機の位置にもよるが原則各号車に均等に振り分ける。グリーン車は普通電車グリーン車と同様に自由席。

(検札方法) 普通車は品川・戸塚間において、車内にて未発売の座席・デッキで立っている人への検札を行う。警備員も配置して検札車掌のすぐ後ろで見守る。本来ライナー券がないと乗車できないのであるが、もしライナー券を持たずに乗車していた場合は300円の割り増し料金を徴収して座席の保証は無い。

(運用本数) 7編成。

(グリーン料金) 普通電車グリーン車と同額(2017年1月現在、事前購入で平日50km未満770円、50km以上980円)

(その他)  戸塚駅からは普通車はライナー券なしで乗車可能。

(その他)  新宿発の下りライナーについては、特急踊り子系の回送を活用したもののみとする。快適通勤するには湘南新宿ラインのグリーン車が主となる。利用者が東京・品川発に比べて少ないからである。

(ダイヤ例) 東京18:00発、品川18:09発、

       戸塚18:33、大船18:39、藤沢18:44、辻堂18:48、茅ヶ崎18:52、平塚18:57着。

 

<3>ライナー投入効果

・東京発17:20~23:40までと幅広い時間帯であり、かつ高頻度の20分間隔運転としており、利用しやすい。また普通車は400円と低料金のため、多くの乗客が利用しやすくなる。20本で20000席(グリーン車含む)の大量快適輸送が実現する。現在のライナー料金は510円(2017年1月現在)のため、値下げとなっている。

 

<4>解説

(運用区間) 平塚までとした。現在のライナーは小田原まで運転しているが、乗客量の多いのは平塚までである。極力少ない編成数でライナー専用車両の回転数を多くするためである。平塚以南まで快適通勤したい場合は普通電車のグリーン車利用しかない。

(運行本数) 東海道本線は2017年2月現在、夕方以降は特急の設定がない(寝台特急を除く)。もし特急があると一般電車の本数も確保しなくてはならないためライナー設定本数を増やしにくいからである。そのため1時間に3本の通勤ライナーが設定可能となった。

(料金設定) 転換クロスシート座席の通勤ライナーは300円にして気軽に利用してもらいたいのが本来である。しかし、東海道本線は駅間距離が長いことから400円とした。

(検札方法) 2017年2月現在では(ドアを限定して)車内入場時に検札している方式である。しかし、入場時に時間がかかってしまう。また、乗車取り扱い駅が一駅であればその方が人件費が安いであろうが、品川でも乗車取り扱いをするため、車内での検札方式とした。

(本線経由) 東京発下りは、品鶴・貨物線経由を無くし、すべて東海道本線経由とした。その理由は(1)戸塚・大船・辻堂・平塚にも停車させたいため(2)ここ近年の武蔵小杉駅の乗客増により、横須賀線・湘南新宿ラインが混雑しており、これらの一般電車の増発をはかるため(3)本線経由のほうが走行距離が短いため到達時間も早くなるため、である。

 

<5>横浜駅を通過する問題について

・東海道本線の横浜駅は、乗客の半数以上が入れ替わるほど乗車・降車ともに多い。そのため、横浜駅利用者への通勤ライナーサービスを提供したいところである。

・そのため、横浜降車案を次回紹介する。横浜から南へは湘南新宿ラインが合流するので一般電車の本数は充実している。そのため、横浜からの乗車客へのサービスではなく、東京・品川乗車の横浜降車客へのサービスに限定とする。(但し、横浜からの乗車客も非常に多く通勤ライナーがあると便利なため、今後の検討課題とする。)

 

(更新日 2017年2月13日、2017年6月2日)