通勤ライナー・通勤時有料特急のデータです。「湘南ライナー」「ホームライナー小田原」の帰宅時間帯についてまとめました(2017年6月現在)。

 

<1>「湘南ライナー」

(運転本数)  9本

(乗車駅)   東京・品川

(降車駅)   大船・藤沢・辻堂・茅ヶ崎・平塚・二宮(7号のみ)・国府津・小田原

        (※ 1号に限り、藤沢・茅ヶ崎・小田原のみ停車)

(ライナー料金)510円(普通車)

     (※ グリーン車は770円(50km未満)または980円(50km以上)いずれも事前料金)

(特記事項)  大船からは普通車はライナー料金不要で乗車可能。

(主要停車駅の時刻表)

1号  東京18:30発 藤沢19:18、茅ヶ崎19:24 (平塚通過) 小田原19:43 (185系)

3号  東京19:00発 藤沢19:49 茅ヶ崎19:58 平塚20:03 小田原20:21 (215系・10両)

5号  東京19:30発 藤沢20:16 茅ヶ崎20:24 平塚20:29 小田原20:45 (185系)

7号  東京20:00発 藤沢20:46 茅ヶ崎20:55 平塚21:01 小田原21:20 (215系・10両)

9号  東京20:30発 藤沢21:13 茅ヶ崎21:21 平塚21:26 小田原21:43 (215系・10両)

11号  東京21:00発 藤沢21:43 茅ヶ崎21:51 平塚21:56 小田原22:12 (185系)

13号  東京21:30発 藤沢22:14 茅ヶ崎22:21 平塚22:26 小田原22:43 (185系)

15号  東京22:30発 藤沢23:13 茅ヶ崎23:20 平塚23:25 小田原23:43 (185系)

17号  東京23:30発 藤沢24:13 茅ヶ崎24:21 平塚24:26 小田原24:45 (185系)

(車両について)

・「特急型車両185系」と「オール2階建て車両215系」が使用される。185系は特急型車両であるが古い。215系の普通車は詰め込み型ボックスシートである。

(コメント)

東京発の帰宅時ライナーは9本あり、18:30~21:30までは30分間隔、21:30以降は60分間隔となっている。総武快速線などと比べれば本数が多く利用しやすいともいえる。普通電車グリーン車が770円または980円に比べてライナー料金は510円と割安なため需要は高い。

 

 

<2>「ホームライナー小田原」

(運転本数)  2本

(乗車駅)   新宿・渋谷

(降車駅)   藤沢・茅ヶ崎・平塚・二宮・国府津・小田原

(ライナー料金)510円(普通車)

     (※ グリーン車は770円(50km未満)または980円(50km以上)いずれも事前料金)

(特記事項)  藤沢からは普通車はライナー料金不要で乗車可能。

(主要停車駅の時刻表)

21号  新宿19:30発 藤沢20:21、茅ヶ崎20:28 平塚20:35 小田原20:58

23号  新宿21:30発 藤沢22:18、茅ヶ崎22:25 平塚22:31 小田原22:50 

(車両) 

「特急スーパービュー踊り子車両251系」が使用されるライナーがあるようだが確認中。

(コメント)

新宿・渋谷からの帰宅時ライナーは東京・品川からに比べて利用者が少ないため、設定は2本のみである。新宿・渋谷から有料で快適に帰宅するのであれば、普通電車グリーン車に乗るのが一般的なのだろう。ただしライナーは510円と普通電車グリーン車に比べて割安なため、ライナーを選択するのも良いだろう。

 

※ この他に、東京・品川から横浜・戸塚・大船までであれば、普通電車グリーン車の他に普通電車グリーン車並みの料金で有料特急があります。帰宅時に9本走行しています。次の章で紹介します。

 

(最終更新日 2017年6月29日)